登山の装備・服装

登山初心者必見!レインウェアの選び方解説。登山用雨具の種類と使い方など

ご覧の登山情報ページをあなたのお友達に「SNS」でシェアして下さい

 

 

 

はじめに

登山に絶対必要なアイテム
通称:登山の三種の神器

 

トレッキングシューズ(登山靴)
●レインウェア(雨具)
ザック(登山用リュック)

 

の中から、今回は
「レインウェア(雨具)」
をピックアップし、

 

登山初心者必見!レインウェアの選び方解説。登山用雨具の種類と使い方など
を説明します。
 
 

なぜ登山に雨具(レインウェア)が必要なのか?

そもそも登山をしない方は雨具といえば、


長靴
カッパ

ぐらいのものが雨具の相場だと思います。
車を移動手段に使っている方や
電車で通勤通学の方なら

「あまり濡れないし雨具は必要なし!」

っていう人も少なくないはずです。
では、なぜ登山では雨具(レインウェア)が必要なのでしょうか?
 
 
その理由は…

山の天気は変わりやすい!

につきます。

山の天気は街中とはわけが違います。
キャリアがある天気予報士やよく当たると噂の占い師でも1時間先の天気すら確実なことは言えない…というのが本音のところでしょう。(とはいえ、昨今ではインターネットなどの天気予報の精度はかなり高くなっています)

例えば、雲一つない晴天が急に雨雲が広がり出し、一転して豪雨に…ってなこともありますし、
暖かく降り注いでいた日射しが雲に遮られ、風が吹き寒くなりだしたり…

山での天候変化は特に読めないのです。
このように山の天候が不安定で読めない為、雨具(レインウェア)はいつでも必要なアイテムなのです。

 

 

雨具の種類と使い方

傘(かさ)
登山での傘は視界が悪くなりますし、風(特に突風)に煽られる可能性がある為、不向きと言えます。ただし、よく整備された登山道や休憩時の雨宿りでは良いかも知れません。長い傘であれば畳むと杖(ストック)のように使えます。折りたたみ傘ならコンパクトにもなり、どしゃ降り時の雨宿りに使えるかも知れません。

ポンチョ
ポンチョとは、ザックを背負ったままでも上半身全体を中心に濡れることを防げる雨具のことです。急な雨でもポンチョを広げ、頭からズボッと被れば簡単な雨対策になります。簡単で手軽な反面、使用時は裾がマントのように広がっている為、横なぶりの雨では下からドンドン雨が入ってきたり、強風に煽られる心配もあります。

レインコート
こちらは、ポンチョ同様に主に上半身とお尻ぐらいまでを覆うものになります。一般的にレインコートとはタウンユース向けに作られており、生地の伸縮性はあまり考えられていないものが多くなっています。どちらかというと、機能性よりお洒落なデザイン性を重視したものが多いでしょう。また使わない時は意外にかさ張るのでコンパクトにはなりません。以上のことから考えても登山には不向きなのかも知れません。

激安の合羽(カッパ)
コンビニやホームセンターでも手に入る激安合羽。最近では上下に分かれたタイプもありますし、なんと言ってもコスパが最高です。ナイロン100%のものが多く、安くても外側からの雨雪などはシャットアウトできます!…が、内側の汗や湿気は外に逃がしてくれません。雨に濡れないかも知れませんが、汗で濡れてしまうこと間違いありません。あまり登山に行かない方は高価なモノはもったいないし、、、と思うかも知れませんが、山では簡易的な合羽は危険で不向きだと言えます。

レインスーツ
各メーカーがアウトドアやスポーツに特化して設計し、上下がジャケットとパンツに分かれている雨具。はっきり言って安値ではありません。高価なモノです。しかし、その機能性は抜群に効果をもたらしてくれる優れものです。その機能の中の“防水撥水性”は、余程の豪雨でない限り雨や雪を中に入れず体が濡れることはなく、また歩行中など体力を激しく使う登山では汗をかきますが、その汗(中にこもる熱や湿気)をそとに出してくれる“透湿性”にも優れています。このように「防水・撥水・透湿」の機能性が優れているので、多少価格は高くなりますが、

登山時の雨具はレインスーツが向いていると言えます。

 
 

登山の雨具としてオススメされるレインスーツの良いところとは?

プロ登山家、登山上級者、中級者。
登山経験者ならほとんどの方が登山の雨具としてレインスーツを推奨しています。
その理由は、
 
①防水・撥水・透湿性などの高機能

②体にフィットするので風の影響を受けにくい(バタつかない)

③上下ジャケットとパンツに分かれている為、必要な状況によってどちらかだけを使うことができる

④雨や雪でなくても、寒さを感じる時は防寒対策にもなる(風を通さない特徴から)
 
これらの良い点が挙げられます。
 
 

レインスーツの選び方

登山に必要な雨具、レインスーツ。
これを選ぶにも沢山のタイプがあり難しいものです。
重要な選び方ポイントとしては、
 
防水性
雨雪などの水分を中に入れない機能。
撥水性
レインスーツに降り注ぐ水分を玉状にして弾く機能。
透湿性
体の蒸れ(汗や熱)を蒸気として外に放出する機能。
 
の3点がキーポイントです。
 
この機能を全て兼ね備えてる素材が
Gore-Tex(ゴアテックス)」です。
レインスーツにGore-Tex素材を使っていれば、◎でしょう。Gore-Tex素材は正直 高価なモノですが、その役割は十二分に果たしてくれます。


 
 
「Gore-Tex(ゴアテックス)」とは?→コチラ
 
 

Gore-Texを超える素材がある?!

昨今、Gore-Texを超える「防水・撥水・透湿」機能を持った素材、
その名も“eVent(イーベント)”というモノも存在します。Gore-TexとeVentは素材としての最強2トップといえるでしょう!お金に余裕のある方は、Gore-TexもしくはeVentの素材を使ったレインスーツをおすすめします。
 
 

では、

できるだけ低予算で良い機能性のレインスーツはないの…?

って方はどう探せばよいか?
これが意外にあったりします!

もちろんGore-TexやeVentのような素材には劣りますが、きちんと手入れして使うと意外に使えるモノも多いと思います。レインスーツを扱う各ブランドでは「防水・撥水・透湿」に対してのスペック(数字表記)などがあり、それを見ることによってそのレインスーツの機能レベルを調べることができます。
 
↓意外に安くて良いレインスーツの例↓
MIZUNOベルグテックEXストームセイバー

 
 
防水(耐水)性の単位=mm
※耐水性とは、水をかけ続けてどれだけ耐えれるか、ということです。
数値が高いほど耐水性が高い。
登山では10000mmを超える耐水性の数値は防水と定義されます。

撥水性
特に単位はなく、撥水加工、超撥水加工などと表記されています。

透湿性の単位=g
数値が高いほど透湿性が高い。
これに関しては、その日のその場所の湿度にもよりますので一概に数値で判断しにくい点があります。
 
 
参考までに
 
Gore-Tex
耐水/28000mm以上、透湿/25000g

 
 
eVent
耐水/30000mm、透湿/15000g〜25000g

 
上記の数値データと情報をもとに、機能性と価格を比べてみてはいかがでしょうか?Gore-TexやeVentに勝るレインスーツは無くても、納得できるラインのレインスーツは各メーカー(ブランド)独自開発による素材が色々見つかると思うので参考にしてみて下さい。
 
 

レインスーツ!雨雪以外での活用法

雨具として紹介しているレインスーツですので、雨降りや雪の時には当然大活躍します。しかし、レインスーツは他にも活用できるアイテムなので覚えておいて下さい。それは、

レインスーツは防風・防寒対策にも役立つ!

ということです。
レインスーツの特徴として、水とはかなり密接なのは当然ですが、風を遮ぎるウインドストッパーにもなります。山では下界よりも風が強くなるのが普通です。風は体感温度を下げる為、寒さを感じやすくなります。防寒対策としてもレインスーツは役立つのです。
 

参考までに

 標高が100m上がると気温は0.6℃下がる
 風が1m吹くと体感温度は1℃下がる

風を遮ぎることにより、寒さをある程度は防げるので、雨雪が降らなくても、防風・防寒対策としてレインスーツを活用して下さい。

 
 

まとめ

登山では雨具は必須です。
いつ天候が変わるかも知れないし、急に寒く感じる時があるかも知れません。傘、ポンチョ、レインコート、激安合羽、などで登山に出掛けてはいざという時には役に立ちません。

高価ではありますが、レインスーツを準備して山行時は常備しましょう。
また、長い距離の登山や標高の高い山に出掛けるのであれば、できるだけGore-Tex素材やeVent素材を使っているレインスーツをおすすめします。絶対に役立つツワモノアイテムです!
他にも各メーカー・ブランドから様々な防水・撥水・透湿性の優れた素材もあるので、試してみるのもアリだと思います。

 

 

 

 

最後に

一度購入したレインスーツは永久にそのまま使えるものはありません。洗濯や撥水・防水スプレーなどでこまめなメンテナンスが必要です。

 

 

おすすめレインウェアはコレ!


おすすめレインウェア 10選![メンズ(Mens)偏]


おすすめレインウェア 10選![レディース(Ladies)偏]


おすすめレインウェア 6選![キッズ(Kids)偏]


登山初心者におすすめ!GORE-TEX以外で〝安くて性能も良い〟レインウェア BEST5


 
 

このページの関連記事


登山に絶対必要なアイテム、登山の三種の神器とは?


登山服「シェル」。ソフトシェルとハードシェルの違いと特徴。レインウェアとシェルの比較など


おすすめレインウェア 10選![メンズ(Mens)偏]


おすすめレインウェア 10選![レディース(Ladies)偏]


おすすめレインウェア 6選![キッズ(Kids)編]


登山初心者におすすめ!GORE-TEX以外で〝安くて性能も良い〟レインウェア BEST5


 

 


『ヤマイロハ』について

ご覧のサイト “ヤマイロハ” は登山に関する記事を初心者目線で丁寧に解説しています。いや、しているつもりです(笑)

ご自身に必要な登山項目、探してる登山内容、が“ヤマイロハ”にはあるはずです!登山に興味がある方は、他のページもお気軽にご覧になってみて下さい。

登山に関する記事を様々ご用意しています! こちらからお探し下さいませ。

 

ヤマイロハ/サイトマップ

 


“ヤマイロハ”では、
私と私の仲間の登山経験から裏打ちされた
「本当に必要なおすすめ商品」
を厳選して紹介しています!

●おすすめ商品で納得できない…
●別のカラーやデザインを探している…
●他のブランドを見てみたい…
●他のアイテムを探している…
●他に良いアイデアは…
などなど、
こんな場合は下記のショップがおすすめ

 

 


★おすすめWEBSHOP★

「登山用品」 ↓


登山のことなら「好日山荘WEB SHOP」

初心者・中級者・上級者。どの登山者も納得のラインナップ!豊富で品揃えが充実した「好日山荘WEB SHOP」は登山の服装はもちろん!登山靴、ザック、トレッキングパンツ、登山インナー、登山アウター、レインウェア、その他の登山用品や登山道具まで揃えることができる!会員登録すると3%のポイント還元があり。トレッキングシューズ(登山靴)の購入後、サイズ変更が無料!


レインウェアなら「eSPORTS」


登山初心者はコチラがおすすめ


登山・クライミング用品ならコチラ


 

「登山レンタル」 ↓


登山道具のレンタル「やまどうぐ」



アウトドア道具のレンタル「そらのした」



 

「登山用品を売る」 ↓


登山道具の高価買取「GEARHACK」



 

「アウトドア・スポーツ」↓


超人気ブランド「Columbia」


有名登山ブランド「karrimor」



アウトドアブランド「L-Breath」


アウトドアウァエなら「eSPORTS」


スポーツ用品全般「XEBIO」


NIKEをお探しでは?「スポーツデポ」


 

「テント」 ↓


注目の空中テント「Tentsile」



テント関連はコチラがおすすめ


寝袋・ベッド・マットはこちら


 

「キャンプ・BBQ」 ↓


キャンプ初心者ならコチラ


アウトドア・キャンプ用はココ


流行の女子キャンプ用品!


BBQバーベキュー初心者はこちら


キャンプ道具のレンタル「CAMPDAYS」



 

 

ご覧の登山情報ページをあなたのお友達に「SNS」でシェアして下さい